元CAママの子連れトラベルブログ

元国際線CAママは子連れ旅マスター!ホテル選びや飛行機での過ごし方、子連れ旅のコツをお届けしています

【クラビ】映画ザ・ビーチの舞台が目の前に!子どもに優しいリゾート・ラヤバディ

私がリゾート滞在に欠かせないポイントが部屋・食事・アクテビティの三つです。

今日はラヤバディのアクテビティについてまとめてみます。

 

ラヤバディ滞在中は一度も敷地外に出ることなくゆったりのんびり過ごしていました。

 

ラヤバディは三方向を海に囲まれていて、ひとつはクラビタウンのピアからの船が乗り入れるナンマオビーチ、ビーチチェアでのんびりしたりマリンスポーツを楽しむのはプラナンビーチ・ライレイビーチ。

そしてこちらがクラビ独特の景観を求めて、ロングテールボートでツーリストがたくさんやって来るプラナンビーチ。

f:id:cocotrip:20190209230138j:plain

 

お昼近くなるとボートで上陸してくるツーリストで賑わいます。

f:id:cocotrip:20190209230144j:plain

 

船の向こうに見えるのはハッピーアイランド。遠浅なので歩いて渡ることができます。

 

クラビはレオナルド・ディカプリオの「ザ・ビーチ」で一躍有名になりましたね。

映画の舞台になったピピ島は環境保護のためツーリストの立ち入りは禁止になってしまいました。ゴミの問題や海水の透明度や生態系への影響など、立ち入り禁止にすることでしかピピ島を守ることができないほど、映画の舞台を一目見ようと世界中から観光客が後を絶たなかったんですね。

 

ビーチリゾートは世界中に数多くありますが、この岩壁に囲まれた独特の景色が見られるのがクラビの魅力だと思います。いざ目の前にすると本当に迫力があります!そしてずっと見ていても飽きません。

 

f:id:cocotrip:20190209230148j:plain

ビーチに面したアンブレラツリーコートの下のソファ。三人寝転んでも広々です。

 

宿泊者は無料でシュノーケリングセット、カヤック、SUPなどがレンタルできます。

無料だとつまらなければすぐに返却して別のもので遊べるのが嬉しいです。気軽にやってみよーって思えますよね。

 

子ども用のお砂場おもちゃがたーくさんありました。娘は海は怖くて入らず、砂遊び三昧だったので助かりました。

f:id:cocotrip:20190209230156j:plain

 

別の日は一日プールサイドで過ごしました。

プールはライレイビーチ側、子ども用の浅いプールもあります。

f:id:cocotrip:20190209231747j:plain

 

どこのチェアにするか決めるとすぐにスタッフのお兄さんがタオルを敷いてくれます。

とっても気が利くスタッフの方がいて、ひと遊びしたあとお腹は空いてないですか?と娘にバナナをもって来てくれました!!娘、バナナ大好きです、ありがとう!!

f:id:cocotrip:20190209231813j:plain

 今回残念だったのがキッズアクテビティに参加できなかったこと。

こんなにキッズプログラムが充実しているラグジュアリーホテルは珍しいです。

f:id:cocotrip:20190209230202j:plain

 キッズヨガにクッキング、アートまであります。幼稚園から小学校くらいの子どもが楽しめそうなので娘にはちょっと早かったかな。KIDS THAI BOXINGなんて、おもしろそう!毎日これだけのプログラムに無料で参加できるなんて、ラヤバディはとっても子どもに優しいリゾートです。

 

週単位でステイする欧米の方々に比べると我が家は短い滞在でしたが、本当に素敵な休日が過ごせました。

リピーターが多いのも納得のホスピタリティ。本帰国前にもう一度来られたらいいなぁ。

ラヤバディ旅行記、お付き合いありがとうございました!!