元CAママの子連れトラベルブログ

元国際線CAママは子連れ旅マスター!ホテル選びや飛行機での過ごし方、子連れ旅のコツをお届けしています

【シンガポール】子連れでアフタヌーンティ@グッドウッドパークホテル

シンガポール在住の友人と高級ラグジュアリーホテル「グッドウッド・パークホテル」L'espressoで、1歳の娘も一緒にアフタヌーンティーを楽しんできました。


f:id:cocotrip:20190219171903j:image

ロビーラウンジの目の前に広がる大きなプールと青い空。

バラエティに富んだお料理の数々。

とにかく最高に素敵な時間でしたのでぜひご紹介したいと思います。

 

 

 

グッドウッドパークホテルへの行き方

1900年に開業したホテルで、あのラッフルズ・ホテルとならぶシンガポールを代表する高級ホテルです。オーチャード・ロードの西側、スコッツ・ロードに面しています。オーチャード・ロードからは徒歩5分ほどです。

正面エントランスを入り、奥へ進むとレスプレッソがあります。

 

レスプレッソのアフタヌーンティーはビュッフェ式

アフタヌーンティーと言えば3段のお皿にスコーンやケーキやサンドイッチが乗っているものをイメージしますが、こちらはビュッフェスタイル。 

f:id:cocotrip:20190219191719j:plain

色とりどりのケーキたち 

f:id:cocotrip:20190219191740j:plain

ミートボールや春巻き、シュリンプケーキも! 

f:id:cocotrip:20190219191758j:plain

こちらはローストチキン

f:id:cocotrip:20190219191812j:plain

こちらのスコーンがとっても美味しそう!そして実際美味しくいただきました。

 コーヒーor紅茶が2杯分ついていて好きなものが選べます。

わたしは1杯目にアイス・モカを。
f:id:cocotrip:20190219171917j:image

 

子どもが飽きてしまったら・・・

バンコクでホテルビュッフェやアフタヌーンティーに赤ちゃんを連れて行っても感じることですが、シンガポールも比較的寛大な雰囲気で迎えてくれるような気がします。

他にも数組お子ちゃま連れでお食事を楽しむ家族もいました。

 

アフタヌーンティーは2~3時間かけてお食事や会話を楽しむので娘もさすがにずっとは着席していられませんでしたが、プールのある中庭に出てお散歩したりシールブックで遊んだり、親目線ではありますが比較的おりこうさんだったと思います。

アフタヌーンティーは何時から?お値段は?

月曜~木曜

午後2時~午後5時半

45ドル(大人一名)、22.5ドル(子ども一名)

※娘は1歳なので無料でした

 

金曜~日曜、祝祭日前日と祝祭日は入れ替え制です

①午後12時~午後2時半

②午後3時~午後5時半

48ドル(大人一名)、24ドル(子ども一名)

 ※10パーセントのサービスチャージと税金が加算されます

 

まとめ

旅行は買い物にアクティビティにと予定を詰め込みがちですが、家族で少しお洒落にハイティーを楽しむ、というのも子どもにとって良い経験になるし素敵な旅の過ごし方だなぁと思いました!

まだ小さくて理解できなくても、時々は一流の空間を感じて一流のサービスに触れることも大切。娘にはこれからもいろんな景色を見せてあげたいと思います。