元CAママの子連れトラベルブログ

元国際線CAママは子連れ旅マスター!ホテル選びや飛行機での過ごし方、子連れ旅のコツをお届けしています

羽田空港が2位!旅行好きにはたまらない“世界の空港格付けランキング”

先日、とっても興味深いランキングが発表されました。

「The World Best Airports of 2019」

世界の空港格付けランキング。

 

f:id:cocotrip:20190329165633j:plain

日本からも東京国際空港(羽田)・成田国際空港・中部国際空港の3つがランク入り。

何を基準に選ばれたのか、そして実際に子連れで利用した際に気になったポイントなどを交えつつランキングを見ていきたいと思います。

 

 

スカイトラックス社とは?

まず、このランキングってどこの誰が決めたの?と思いますよね。

旅行好きな方なら一度は耳にしたことがあるかも?スカイトラックス社というイギリスの調査会社です。

【スカイトラックス】

1989年に設立されたイギリスの会社です。世界中の空港や航空会社と提携し、航空運輸業界における専門的な調査と公正な品質を保つアドバイザー的な役割があるそうです。

https://skytraxresearch.com/jp/about-us/ (スカイトラックス社公式HPより)

 

分かりやすく言うと、世界の航空会社や空港を格付けする専門家の集団。

私が現役CAだった頃も「スカイトラックス社のランキングで5つ星に認定されました!」と社内で大々的に発表されていましたし、航空業界に身を置いていた者として今でも今年はどこが1位かな?と発表されると気になります。

 

この調査、いつ・どの路線で・どの座席の人が行っているかは一切知らされません。わかっていたらいつも以上に張り切って接客しちゃいますので、公正な調査じゃなくなってしまいます。いわゆる覆面調査ってやつです。常に一定レベルかそれ以上の接客サービスが行われていることが大切なんですね。

 

世界の空港ランキング

清潔感・スタッフの接客レベル・チェックインの迅速さ・ターミナル内での食事・空港での買い物・バゲージの取り扱い・・・

などなどたくさんの項目の総合で順位が決まります。

 

1位はシンガポール・チャンギ国際空港

 

先日チャンギを利用したばかりですが、これは納得ですね!特に新しくできたターミナル4は清潔なのはもちろん、授乳室やおむつ替えのできるトイレの多さ、いたるところにベンチがあるなど、利用客目線で作られたのをすごく感じました。

f:id:cocotrip:20190329162252j:plain

4月にさらにターミナルがオープンするとか??新しいのは良いのですが、子連れでターミナル間をバスやらモノレールやらで移動しなきゃいけない空港って、正直あまり好きではない・・・。ベビーカーを乗せたり降ろしたり、子連れの荷物の多さとか、大人が一人しかいない場合とか。利便性という点ではどうかな~という印象です。

 

 

2位は東京国際空港(通称:羽田空港)

 

総合で2位、「世界一清潔な空港」と「世界一バリアフリー」部門で1位!!

日本の空港はどこも本当に綺麗です。空港は空の玄関とも言いますし、空港の綺麗さ・清掃が行き届いているかでその国の印象もある程度決まってくる気がします。

羽田の国際線ターミナルは規模的にちょうど良い大きさだと思います。国際線で一つのターミナルなので分かりやすいし、「つるとんたん」をはじめ美味しいレストランもたくさんありますね!

 

さらに「世界一の国内線空港」部門では見事1位に選ばれた羽田空港。

・・・そうかな?どのあたり??JALとANAでターミナルが違うとか、外国人にはわかりにくいような気もしますが。

 

 

3位は韓国・仁川国際空港

大韓航空とアシアナ航空のハブ空港、仁川が3位。韓国旅行で利用する以外にもホノルルやヨーロッパに行く際の乗り継ぎで利用することも多い空港です。

私はもう何年も韓国に行っていませんし、子連れで行く予定も今のところないのですが、いつか行くことがあったら世界3位の空港をじっくり見てこようと思います。

 

個人的に嬉しかったのが、6位に中部国際空港(通称:セントレア)がランクインしたこと。

セントレアは私も大好きな空港。食の選択肢が豊富なこと、温泉があること、大きすぎない本当に何をするにもちょうど良い規模の空港です。

 

ベスト10に選ばれた空港はこちら

  1. チャンギ空港
  2. 東京国際空港
  3. 仁川国際空港
  4. ハマド国際空港(カタール)
  5. 香港国際空港
  6. 中部国際空港
  7. ミュンヘン空港(ドイツ)
  8. ロンドン・ヒースロー空港
  9. 成田国際空港
  10. チューリヒ空港(スイス)

 

アジアから6つの空港がランクインしています。利便性とおもてなしを兼ね備えた空港がアジアに多いということですね。

 

このランキングを参考にして旅行の計画を立てれば 、レストランが充実していて乗り継ぎ時間も楽しめる空港を選んだりできるし、空港職員の対応にイライラしたり嫌な思いをするのを回避できるかも?ぜひ参考にしてみてくださいね。

今日は空港格付けランキングをお送りしました!


 
チャンギ空港ターミナル4(主にラウンジ)を利用した際の記事はこちら

www.cocotrip.tokyo