元CAママの子連れトラベルブログ

元国際線CAママは子連れ旅マスター!ホテル選びや飛行機での過ごし方、子連れ旅のコツをお届けしています

【パース】空港から市内ヘは4ドル8セントで行ける路線バスがおすすめ

このような行程で巡ったパースとフリーマントル滞在記をお送りしています。

1日目~5日目 パースでホテルステイ

5日目~8日目 フリーマントルでキッチン付きアパートホテルにステイ

 

今日は空港からパース市内への安くて便利なおすすめの移動方法をご紹介。


f:id:cocotrip:20190428185700j:image

航空券+ホテルのパックツアーでパースを訪れた方はホテルまでの送迎が含まれている場合が多いと思うので、すべて個人手配でパースに行くよ!っていう方向けの記事ですが、へ~そんな簡単に行けるんだ!と個人手配で行ってみようかな?という気持ちになる可能性もあるのでぜひ読んでみてくださいね!

 

 

 

パース旅行は絶対に個人手配がおすすめ

ヨーロッパのように名所旧跡を効率良く回るのにはツアーが良いですが、パースにはあっちこっちと動き回るような感じの旅行は合わない気がします。

 

とにかく、この温暖で爽やかな気候を肌で感じ、カフェでゆったりコーヒーやワインを飲みつつのんびりキングスパークをお散歩、なんて過ごし方がパースの魅力を1番感じられると思います。

 現地発のツアーを利用すれば個人では行きにくいワイナリーツアーやピナクルズにも行けますしね。

 

空港の市内ホテルへの移動手段

さて、成田空港から(アジア各地から?)パース空港に到着しました!!

国際線はT1ターミナルに到着します。

 

厳しいと噂のオーストラリア検疫を通過し、ホテルへ移動する手段はタクシー・シャトルバス・路線バスがあります。

宿泊する場所にもよりますが、バス停が近いホテルに滞在なら断然おすすめなのが路線バスでの移動。1人5ドル弱、我が家は大人2人と1歳児なので約10ドルで済みました。

 

タクシーを利用する場合の金額 

タクシーのメリットは、

  • 目的地さえ告げれば車内で寝てしまっても乗り過ごす心配がない
  • 重いスーツケースを自分で運ばなくて済む
  • 子連れの場合は子どもが愚図っても他のお客さんの目を気にしなくて済む

と、特に子連れには1番楽な方法ではありますが、デメリットはその値段。

パース市内までは約40ドル~50ドルが相場。土日・祝日や深夜は割増料金がプラスされさらに高額になります。

人件費の高いオーストラリアでは仕方のないことですが、私はこのタクシー代に価値を見いだせず、絶対にタクシーは利用しないと決めていました。

50ドルあればワイン付きの美味しいランチが食べられるし、オージービーフとか牡蠣とか…食いしん坊な私の旅はとにかく食が大切です。

 

パース空港・路線バスの乗り方と降り方

ではさっそく、最も安くて便利な方法である路線バスを利用して市内へ行く方法をご紹介します。

入国審査と検疫を出ると見えるのはこのような景色。

f:id:cocotrip:20190428104117j:plain

すぐに「Exit」と書かれた看板が目に入るのでそのまま外に出ます。Busesと書いてありますね。

 

f:id:cocotrip:20190428104127j:plain

ターミナル出口を出て目の前がバス乗り場。パース市内行きは1番右のバス停です。

とってもわかりやすいです。

 

f:id:cocotrip:20190428104138j:plain

パース市内へは380番バスなので「Perth Cty Bus 380」と書いてあるところで待ちます。

 

f:id:cocotrip:20190428104143j:plain

時刻表はこちら。30分に1本と本数はあまり多くないのですが、のびりシティ・パースなのでゆったり待ちましょう。

 

バスが来ました!

f:id:cocotrip:20190428104141j:plain

表示も分かりやすいです。前から乗って後ろから降りるのがルール。

 

オーストラリアではバスに乗ったらドライバーに「Hello!」と挨拶しましょう!降りるときは「Thank you!」です!

マナーというか、礼儀ですね。オージーはみーんなそうしています。以前、シドニーでバスに乗った時も当たり前のようにひと声掛けて利用する方ばかりだったので、オーストラリア全土で浸透していることなんだと思います。

 

日本人はシャイですし無言で乗り込んでしまいがちですが、恥ずかしがらずにぜひドライバーの目を見て挨拶しましょうね!

 

 

f:id:cocotrip:20190428104146j:plain

ベビーカーやスーツケースを持っている乗客のためにスロープが出てきます。重いスーツケースを持ち上げなくて良いのでとても楽でした。

どのドライバーも運転が荒いので乗車したら座席に座ることをおすすめします。

 

また、日本のようにバス停ごとにアナウンスはないので、ドライバーにホテル名を告げておくと降りる所で教えてくれます。 

 

パース路線バスの支払い方法

バスの切符は乗車時にドライバーから直接購入します。なのであらかじめオーストラリア・ドルが必要

 

空港の到着ロビーにも両替所がありますが、レートはあまり良くないのでここでは少額の両替で済ませました。

f:id:cocotrip:20190428181652j:plain

 

まとめ

乗車後約30分で市内へ入ります。今回宿泊したパン・パシフィックパースのすぐ近くにバス停があり、2分も歩けばホテルに到着。

スーツケース2つとベビーカーを持ち込みましたが、荷物を置くスペースもあるし不便なことは一切ありませんでした!

深夜や悪天候でなければ空港から市内へは路線バスがおすすめです。

 

 バス停も近くシティにも近いホテル、パン・パシフィックのご紹介はこちら

www.cocotrip.tokyo

 

パース空港から市内へのバスはこちらのサイトから時刻検索などができます。

トランスパース・ジャーニー・プランナー

Transperth JourneyPlanner

www.transperth.wa.gov.au