元CAママの子連れトラベルブログ

元国際線CAママは子連れ旅マスター!ホテル選びや飛行機での過ごし方、子連れ旅のコツをお届けしています

【ベトナム】日本でも大人気のかごバッグ!ダナン・ホイアンで「hansry(ハンスリー)」が買えるお店はここ!

みなさま、かごバッグやプラかごバッグのブランド、「hansry」をご存知ですか?


f:id:cocotrip:20190601171901j:plain



おしゃれに敏感な方なら、SHIPSやURBAN RESEARCHで目にしたことがあるかもしれません。

 

私が住んでいるバンコクでも至る所でかごバッグは売られていて、安価なものからそこそこのお値段がするものまで、星の数ほどに溢れかえっています。

1年中暑い国なので、登場回数も多いですし大きさ違いやデザイン違いでたくさん欲しくなってしまうかごバッグ(夫はあきれ顔で見ていますがそんなことは気にしません)。

 

今日ご紹介するのはベトナム駐妻に大人気!

バンコク駐妻の私も便乗して買ってしまった「hansry」です!

 

 

 

 

hansry(ハンスリー)のご紹介

私がご紹介するまでもないかもですが、初めて見て素敵なかごバッグだな〜と思った方のために少しだけご説明しますね。

 

hansryはベトナム・ホーチミン発、日本人女性がプロデュースするブランド。

商品はかごバッグ、プラかごバッグ、アクセサリー、インテリアグッズなどが中心です。

特に、ひとつひとつ職人さんの手で作られているかごバッグは、隣国のタイ・バンコクでもおしゃれに敏感な駐妻に人気です。

 

直営店はトレンドの最先端、ホーチミン2区

hansryのすべての商品がそろうのはこちら、ホーチミン2区にある直営店舗のみ。

 

私がフライトでホーチミンに行っていたころにはまだOPENしていなかったので、こちらのお店には行ったことがありません。。

いつか行く機会がありましたら追記したいと思います。

 

  

hansryのデザイン

hansryの代名詞のようなこちらのかごバッグ。スパンコールのついているバッグやレザーのフリンジがついているバッグが特に人気です。

 f:id:cocotrip:20190531230157j:image

かごに使用されているのはシーグラス、いわゆる畳に使われる「い草」のこと。

 

かごバッグはバッグとしてはもちろん、上部を折りたたんで「かご」としても使うことができます。雑誌を入れたりスリッパを入れたり、インテリアのアクセントになるような使い方ができてとっても素敵です☆

色んな種類が欲しくなってしまいますね。

 

かごバッグと並びプラかごバッグも人気です。

f:id:cocotrip:20190531230222j:image

 私はかご派〇

 

 

 

ダナン・ホイアンでhansryが買えるのはここ!

 

まず、ダナンでhansryが買えるのは「Bubu cafe」。

 

 

 ダナン市内にBubuが2店舗あり、hansryが買えるのは上のグーグルマップのダナン大聖堂近くの店舗のみです!

私はそれを知らずにもうひとつの店舗に行ってしまったため、ダナンでhansryに出会うことができませんでした。

 

 

 ホイアンでhansryが買えるのは「AJISAI」です。ベトナム国内に数店舗あるAJISAIは日本人オーナーのお土産ショップ。

f:id:cocotrip:20190531230234j:image
JTBの看板が目印です。

 

hansry以外にも雑貨や食器、巾着などが並びベトナムのお土産がこちらで揃ってしまうほどのラインナップ。

 


f:id:cocotrip:20190531230209j:image

 

ベトナムと日本、お値段の差にびっくり

公式HPよりオンラインでの購入も可能ですが、ベトナムで購入するよりもほぼ倍のお値段!!かごバッグで1万円超えは・・・。

ホイアンで確認したお値段は、本革フリンジ付きかごバッグは約6,000円、パール付きのかごバッグはそれよりもお安い値段でした。

ということで、hansryはぜひベトナムで買うべし!です。

 

<hansry公式HP>

shop.hansry.com

 

元CA厳選のダナン・ホイアンのお土産はこちら

www.cocotrip.tokyo